導入メリット比較

回収とリサイクルで原料調達リスクの低減

現状の回収とリサイクルから一歩踏み込み、設計や製造の時点からリサイクルできる資源を調達することによって、原料調達リスクを低減することができます。従来のビジネスのように使用済みの製品を回収して使える一部のパーツだけ使用するのではなく、ほとんどのものが使用可能になりコストを削減できます。

ゴミを新しい資源として価値を見出す

現状ではゴミは破棄するのがほとんどで、その量は増大して社会問題となっていますが、サーキュラーエコノミーではゴミを新しい資源として価値を見出し、新たな製品を作るために利用するので、大きな経済効果をもたらします。また、新しい雇用を生みだすこともできます。

限りある資源を守りつつ成長する社会

会議する人達

世界では従来通りに製品を大量に生産し、大量に廃棄していくだけの経済ではなく、限りある資源を循環させていく経済が求められています。これに対してサーキュレーションエコノミーという考え方が注目されています。サーキュレーションエコノミーではまだ使用できる資源を廃棄するのではなく、再利用することで無駄を活用し利益を上げていきます。また、廃棄物だけでなく、会議室や賃貸や自動車などで取り入れられているシェアビジネスもサーキュラーエコノミーに当てはまると言えます。

実現するために必要なこと

携帯

サーキュラーエコノミーを実現するためにはまず、製品に使用する資源や素材を再利用可能なものに変更していく必要があります。そしてこれまでも企業が取り組んできた、不要になった製品の回収とリサイクルを継続していく必要があります。コストを減らす以外では製品の寿命を延ばすことも当てはまります。耐用年数が増えることで結果として消費する資源量は減り、無駄を減らすことに繋がります。そして製品を売るのではなく、サービスとして提供するという考えもあります。これは製品を従量課金制にすることで、提供側も無駄がなく、消費者もなるべく節約しようという意識になるので結果として無駄を減らすことに繋げることができるのです。

モノを共有する社会

テレビ会議

サーキュラーエコノミーの特徴にモノの所有からモノの共有への変化という特徴があります。この変化のメリットは一人に対して一つというモデルではないので、必要となるコストが少なくなるということと、使用していない期間を極力なくすことができるので、所有しているだけ、という無駄を省くことが出来ます。シェアビジネスがこのビジネスモデルに当てはまり、実際に所有している人だけでなくシェアしてもらう人にもメリットがあります。

廃棄されてきた無駄な物が減る

会議

サーキュラーエコノミーが浸透することで、新しい製品を購入するよりも修理をして長く使ったり、または古くなった製品をリサイクルしたりすることで、まだ使える資源を再利用するようになります。これにより、有限である資源の使用量を抑えつつも経済成長を測ることができるようになります。サーキュラーエコノミーが浸透することで限りある資源を大切にしつつ社会も成長をつづけることができるのです。

広告募集中